CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
日常つれづれ
ヅカメイク!!
0
     あの独特な宝塚メイクを紹介して下さっている動画を見つけてしまいました。

     バレエのメイクとは若干違うけど、すごくためになる……!!

     

     鼻立てのやり方、すごい分かりやすくて目から鱗でした。チークの入れ方もすごく勉強になりました!
     フェイスパウダーもあんなに豪快に叩いていいんだ……。
     そして、ドーラン→フェイスパウダー→フェイスケーキ(ファンデーション)なのですね? パウダーで押さえたあとにもう一回、ファンデを上塗りするとは……。すごいマットになりますねえ。




     アイテープ使ってる……! しかもベースメイクの上から!? ああでも、アイテープつけてからベースメイクだと、ベースメイクがテープに弾かれてしまうのかも……。
     私も奥二重なので、目を大きくする方法はすごくためになります!
     そしてアイシャドウ、まず白を入れるのですか?? 意外だ〜。白は最後にアクセントで入れるものだとばかり……。しかもかなりがっつり入れていらっしゃる、と思ったら、目が小さい方ならではの工夫なのですね。
     そしてダブルラインを青で入れるとは……。

     うう、今日はここまでっ。

    | バレエ(その他) | 02:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ポアント・これまでの遍歴
    0
      前記事でもちょっと書きましたが、左足の親指が当たって痛くって、どうにも長い間履いていられない状態が続いております。

      で、色々思い起こしてみると、最初にポアント(Chacottの「ベロネーゼ供廖23.0cm・Eワイズ)を履いた時はここまで酷くなかったんです。
      ただ、ちょっと当たるかなあとは思って、2足目を履き潰して買い替えるタイミングでシューフィッターさんに相談したところ、トゥキャップを勧められて、デラメドゥのトゥキャップ(M)を使うようになりました。トゥシューズも買い換えて、Chacottの「スワン」(23.0cm・Dワイズ・インソールM)に。

       しかし、トゥキャップをつけてやっているのにもかかわらず、洋舞祭デビューした時の「仮面舞踏会」の時は親指の爪の周辺からリンパ液が染み出てきて、2週間くらいトゥシューズが履けない状態に(>_<)

       更に、「スワン」は踵が浅くて、脱げてしまいそうなのも悩みどころで、洋舞最後に買い換えたのがChacottの新作「シンデレラ」(23.0cm・Dワイズ・インソールS)です。

       しかし、このシンデレラ、ヴァンプが深くてドゥミポアントにすると甲に突き刺さるのです(>_<)

       ヴァンプを加工する方法も教えていただいて、やってみたのですが焼け石に水(>_<)

       で、原点に立ち戻って、最初に履いていたChacottの「ベロネーゼ供廚北瓩靴燭箸海蹇▲凜.鵐廚發圓辰燭蠅世掘△修鵑覆某道悗發劼匹当たらないので、現在は「ベロネーゼ供廚砲靴討い泙后

       で、今これを書いていて気づいたのが、「ベロネーゼ供廾奮阿Dワイズなんですな……。要するに、幅が狭くて親指が当たっていたのか……!!

       今履いているベロネーゼ兇癲△舛腓辰伐湛しすぎて潰れかかってきているので、また近々買い替えに行かないと……。

       これまで3種類・4足履いてきて、ようやく「自分の足に合う」という意味が分かってきた気がするので、今度買いに行く時は、もうちょっとじっくり選んでみたいと思います。

       
      | バレエ(その他) | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ポアント加工法の動画を見つけました
      0
        実は左足の親指が巻き爪っぽくなってしまっていて、ポアントを履くとどうしても当たって痛んでしまい、長時間履くのが辛いのです。

         少しでもどうにか出来ないかと、ポアントの加工法を探していたら、こんな動画を見つけました!

         プロのバレリーナがポアントを加工している動画です。すごいためになる……というか、ここまでやっていいの!? というくらいに加工していてびっくりしました。



         映画「ブラック・スワン」でも、主人公がポアントを加工しているシーンが出てきて、「えーそこまでやっちゃう!?」と思いましたが、これを見てちょっと納得(^^ゞ

         ただ、こんなに加工すると長くはもたないだろうなあ……。
        | バレエ(その他) | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        トゥシューズを買い換えました
        0
           
           今年の1月から履き始めたトゥシューズ、実は過酷な練習に耐えかねてかw 湿度に負けてか、それとも私の足に負けてか(笑) 6月くらいで一足目を潰してしまい、もう一足買ってあった同じものを発表会用に下して使っていたんですが、それも発表会直前くらいから大分潰れてきてしまって……。

           今週は発表会後の休養ということで一週間レッスンがお休みになったので、空いた時間を利用してチャコットにトゥシューズフィッティングに行ってきました!

           最初に勧められてずっと履いていたのはチャコットのベロネーゼ。初心者向けのトゥシューズですが、私は割合に足が強い方らしくて、これだとすぐに潰れてしまうみたい。

           これまでの経緯を店員さんに話して、出してくれたのがスワンでした。

           試し履きさせてもらったら、ベロネーゼ兇茲蠅篭く、シャープに立てる感じでした♪

           で、ベロネーゼ兇呂困辰E幅を履いてたんですが、今度はD幅。あと左足が若干小さくて薄いせいか、左足の親指だけいつも痛い、という話をしたところ、スムース地トゥパッドをトゥパットに重ねるというテクニックと、あと指にはめられる中がジェル状の指サック(デラメドトゥキャップ)を勧められました。お試し用もあったので使わせてもらったら、指への負担が全然違う! これはぜひ! とこれらもお買い上げ〜♪

           ゴムの縫い付けもやってくれて、しかも平日のお買い上げだと底に刻印を無料で入れてくれるというので、お願いしちゃいました♪ 

           来週のレッスンが待ち遠しいです♪
           
          | バレエ(その他) | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事
          発表会の持ち物(覚書)
          0
             
             いよいよ発表会まで十日切ったので、当日慌てないようにちょっとずつ持ち物の用意をしています。

             一応、先生から「これだけはもってきてね」リストは毎回いただくのですが、持っていくと便利なものとかいざという時役に立つものもあるので、ざっと書き出してみます。


            ○髪関係

             ・Uピン(髪が多い&長い人は長いUピンを使った方が止まります)

             ・アメリカピン(先端に玉のついてないもの。頭飾りを止めたりもするので多めに!)

             ・細めのヘアゴム(輪になっているものより、一本のものをぐるぐる巻いた方が弛みにくいのだけれど、これは人にやってもらわないと難しい)

             ・シニオンネット(ネットが細く、あまり網目が混んでいないもの。私はチャコットのMサイズを使ってます)

             ・ブラシ(使い慣れたもの)

             ・コーム(整髪料で整えた後にコームで撫でつけて表面を平らにするので、確実に整髪料がつきます。汚れてもすぐ落ちるようなものがオススメ)

             ・整髪料(男性用の強力ジェルタイプがオススメ。乾いても白い粉のようにならないタイプがいいです)

             ・髪をセットしやすくするスタイリング剤(なければ水をスプレーに入れて吹きかけるだけでも)

             ※当日は自宅で髪をお団子にしていくので、本当はブラシ以下はいらないんですが、ゲネプロとかで髪が乱れることもあるので、念のため一式持って行った方が安全。


            ○衣装関係

             ・衣装(当たり前だw)

             ・衣装袋(専用のものも売ってますが、大き目のバッグでも代用可)

             ・ハンガー(楽屋で乾しておきたい時に必要。自分だけの目印をつけておくと分かりやすい)

             ・裁縫道具(突然糸ループが切れちゃったり、裾がほつれたりするので。また短いチュチュの人は後ろの合わせ目のところから体が見えちゃったりするので、衣装をつけた後にそこをざっくり縫う必要があります)

             ・安全ピン(突然糸ループが切れちゃったり、衣装が破けたりした時の応急処置用)

             ・小道具

             ・髪飾りなど


            ○化粧道具

             お教室で貸してくれる場合もありますが、発表会ではどうしても大人数で使うことになるので、自分のペースでお化粧をしたい人は自分用のものを買い揃えた方が楽。
             
             ・ファンデーション(私はチャコットのスティックファンデーションを使ってます)

             ・アイシャドウ(役によって色が違うので先生に要確認。何役も踊る人はそのたびにアイシャドウを塗り替えることも)

             ・フィニッシングパウダー(化粧を崩れにくくする)

             ・ハイライト(白)

             ・シャドウ(茶色)

             ・アイブロウ(黒)

             ・アイライナー(ウォータープルーフがオススメ。液体タイプが苦手な人は、一度ペンシルタイプで下書きの線を引いてから、その上をなぞるようにすると失敗しにくいです)

             ・口紅(これも役によって色が違うので先生に要確認)

             ・チーク(これも役によって色が違ったり入れなかったりするので、先生に要確認)

             ・メイク落とし(チャコットの液体タイプがお気に入り♪)

             ・ボディ用の液体ファンデーション(うちではお教室で用意してくださっているものを使ってます)

             ・拭き取るタイプのメイク落とし(主に、ボディのファンデーションを落とすため)

             ・コットン(化粧直し&落とし用)

             ・綿棒(細かい化粧直しに)

             ・スポンジ(ファンデーション用・使い捨て)
             
             ・鏡(楽屋の鏡前が満席になる場合もあるので。また、合わせ鏡にして頭のチェックも)


            ○その他

             ・アンダーショーツ(肌色のパンツ)

             ・ボディーファンデーション(肌色の薄いレオタードのようなもの。衣装がきわどい時とかw 汗が衣装につかないように着ます。着ない主義の人もいるし、これは好みで)

             ・タイツ(通常はピンクタイツですが、作品によってはベージュタイツになるので注意。ちなみに白鳥たちはベージュタイツ。ゲネプロで破けたりするとまずいので、予備も持っていた方が)

             ・ピンクパンツ(透け防止。パンツ部分がついていない衣装を着る時には必須。ロマンチックチュチュでも踊っていると意外に中まで見えちゃってるんだよね☆)

             ・サテンシューズ(まだトゥシューズを許されていない人は、舞台ではサテンシューズを履きます。買ったそのままだと足に馴染まないので、本番前から使って慣らしておくことが重要。トゥシューズと同じようにリボンで足に止めるので、結び方を練習することも必要。あと、先生によってはサテンのテカリを嫌う人もいるので、本番前に粉を叩いてテカリを抑えるように言われることも)

             ・トゥシューズ(ポワントとも。これも本番前から足慣らしをすること、テカリを抑えるために液体ファンデーションを塗って乾かしておくことが必要)

             ・靴下または室内履き(サテンシューズやトゥシューズの上から履いて保護するためのもの。舞台以外ではこれを履いて過ごすこと。そして、舞台袖で必ず脱ぐこと!)

             ・レオタード(衣装を着る前に体慣らしをしないといけないので、レオタードは必需品です! 衣装を着てストレッチは駄目ー!)

             ・前開きの上着(体を冷やさないように、ぎりぎりまで着ていたい。頭から被るタイプは着脱時にお団子や化粧が乱れるのでNG)

             ・長ズボン(足を冷やさないように、ギリギリまで履いていたい。うっかりタイツを汚さないためにもなるべく履いた方が吉)

             ・タオル(化粧をする時に首や肩に巻いたり、汗を拭いたりと大活躍。必ず一枚は必要)


            ○飲食物

             「衣装を着ている時は飲食禁止」が大前提! ……ですが、水分は取らないと危険なので、、とにかく「汚れないもの」「汚れない方法」を選ぶことがポイント。

             ・飲み物(汚れないことを考えるとお水が一番安全です。トイレに行きたくなるのでお茶系は控えた方がいいかも)

             ・食べ物(衣装を脱いで食べましょう。そして化粧が落ちないよう、一口サイズのものがいいかも。あと消化がいいものにしておかないと直前にトイレに駆け込む羽目になるかも(T_T) 食べ過ぎると動けなくなるのでほどほどに。うちのお教室では昼食のお弁当を母の会がまとめて注文してくださるので、少な目のを選んで頼んでおきます)

             ・お菓子(ガム・チョコ・飴は禁止! 一口で食べられて、口の中が汚れず、ぼろぼろこぼれないようなものがベスト。……おにぎりとかの方がいいかもね……)


            ○雑貨

             ・ストロー(化粧が落ちてしまうので、飲み物はなるべくストローで飲みましょう)
             ・ウェットティッシュ(色々役立つ)
             ・ティッシュ(ボックスタイプを持ち込むとみんなで使えて便利)
             ・ゴミ袋(意外に細かいゴミが出ます)
             ・目薬
             ・予備のコンタクトレンズ
             ・爪切り(いきなり割れたりするので)
             ・絆創膏(突然の怪我に)
             ・テーピングのテープ
             ・はさみ(これが意外と使う)
             ・筆記用具
             ・時計(楽屋の時計が見えづらい位置にあったりするので)
             ・カメラ(みんなで撮りあいましょう。いい記念になります)
             ・小銭(飲み物を買ったり、ロッカー代を払ったりするので)
             ・マット(ストレッチをする時などに)
             ・常備薬(頭痛薬とか胃薬は持っておくと安心)
             ・携帯電話
             ・生理用品(最中の人でなくても、まだの人は持っておくと吉)
             ・セロハンテープ(ゴミ袋を固定したり、紙を張ったり……何だかんだで活躍)


             ……こんな感じかな。なので当日はかなりの大荷物になってしまいます(汗)
             でも、用意が足りなくて楽屋でアワアワするのと、ばっちり準備してゆったりとした気分で本番を迎えるのとでは実力の発揮具合が段違いなので、やはり準備は万全にしていった方がいいですね(^o^)/

            | バレエ(その他) | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | 昨年の記事